アトリエ・グレイス

日々の生活をアートで楽しむブログ。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年04月
ARCHIVE ≫ 2012年04月
      

≪ 前月 |  2012年04月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

バレンタインデートとかホワイトデートとか

旅行の話は小休止。
土曜はブラックデーだったようなので、今更ながらホワイトデーのお話。

バレンタインデーはチョコをあげる…っと、いつの間にか日本式に広まってしまっているわけですが、近年は「友チョコ」といって友人に渡したり、普段お世話になっている人に渡したり……気軽なお歳暮風になってる気がします。
何でも都合よく「オレ式」に変えてしまうのは日本の特徴とも言えるので、それはそれで面白いかなと^^

で、私はというと、以前からバレンタインデーでは「プレゼントされる側率」が高いので、重要なのはむしろ「ホワイトデー」です。

約1カ月前になりますが、そのときの準備の様子です。
最近はホワイトデーもチョコレートが増えていますが、あえて古風(?)にキャンディにしました。

516708_1551279775_132large.jpg

材料は、樹脂粘土とアクリル絵の具と棒。
白と赤がマーブル状になるようにコロコロと丸め、棒と9ピンををさします。

516708_1551463079_240large.jpg

24時間放置。
埃がたたないように気をつけましょう。

516708_1555053140_2large.jpg

ニスを塗って、再び乾燥。
ツヤを出したかったので、今回は2度塗りしました。
ソリューバーの使用も考えましたが…乾燥に24時間かかるので断念(スケジュールの都合^^;)

516708_1557161058_66large.jpg

本物と共にラッピングして完成。

作り方は、とても簡単です。
きっとお子さんでも作れると思います。


パジコ モデナ250gパジコ モデナ250g
()
パジコ

商品詳細を見る



ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ


ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

中欧の旅~4日目午前

●4日目の行動
ライプチヒ→デッサウ観光→ライプチヒ→ベルリン

この旅行には2つの目的がありました。

・デッサウで世界遺産バウハウスを見る
・ICE(ドイツ版新幹線)に乗る

この2つの目的を、この日一度に果たすのです。
前日、散々列車の時刻表を確認したのにもかかわらず寝坊です…。

とりあえずは、朝ご飯。
いろんなオカズがあって楽しかったわけですが…いろんなオカズがあるのに、みなさんパンばかり食べますね!!
チーズをパンにはさみ…野菜をパンにはさみ…ハムをパンにはさみ…タマゴをパンにはさみ…ジャムをパンに塗り…どんだけパン喰うんだ??
日本人だって米食べるでしょ?って思うかもしれないけど、割合というものがある。
きっと、みんなパン大好きなんだね~♪

荷物はホテルに預け、予定より1時間遅れて出発。
ライプチヒ中央駅から、デッサウ中央駅に列車で向かいます。

b023.jpg
ホント、分かりやすいよね!

b026.jpg
自転車大国らしい車内。
私も自転車は好きなのですが……絶対足届かない!と思い、レンタサイクルは断念^^;

車窓からの風景を楽しみながら、駅での様子を観察したり。
気分は「世界の車窓から」です。

b027.jpg

b028.jpg

車内をウロウロしたり、写真を撮ったり…バタバタしてたら
「デッサウ…」
っと聞こえてくるではありませんか。
イカンイカン、降り遅れるところだったわ。

慌てて下車…………ん?

人気がないのかもしれないけど、一応、世界遺産のある駅だよね?
ショボすぎません??

b029.jpg

嫌な予感がして駅名を見たら…デッサウだけど、中央駅じゃない!!
しかし時既に遅し、列車は行ってしまいました。

世界の車窓からごっこは楽しかったけど…ぶらり途中下車の旅は求めてませんからー!!

屋根もない…人に聞こうにも猫しかいない。
周囲は静寂に包まれた、ド住宅街…しかし人の気配はゼロ。
あわわ…あわわ…。

駅を見渡したら、鉄道会社の建物っぽい物があります。
雰囲気的に乗客用ではないけど……知るか!

近寄ってみると、入り口の小屋に警備員とおぼしきおばちゃんがいました。
助けを求めてみたのですが英語が全く通じないし、私はドイツ語会話プリントを持たずに出発してしまっていたのでした。
あぁ……ワルシャワなら追い出されていたことでしょうが、このおばちゃんは、何とか伝えようとしてくれている。
私も頑張らなければ。
紙とペンで筆談……というより、象形文字なやり取りで意思の疎通成功!
降りたホームで、1時間待っていれば良いそうです。

ここで1時間?

b029.jpg

……分かったのは嬉しいけど、嬉しくない(T_T)

あまりにもヒマ(&眩しい)ので、散歩に出かけることにしました。
道に迷わないように真っ直ぐ……すると、人の気配が!トラムも走ってる!!
行き先を見ると「デッサウ中央駅」!!!
とりあえず飛び乗りました。

飛び乗ったのは良いけれど、ベルリンに行くまで市内交通を使用する予定がなかったので、運賃や支払い方法がまったく分かりません。
これかなぁ…縦長の穴にコインを入れてみよう……入らないなぁ。
慌てたっぽい乗客が、私を隣の車両に連れて行き、私の手からコインをとり、機械にコインを入れました……切符がでてきた。
どうやら切符を入れる穴に、コインを入れようとする大ボケをかましてたみたいです。
閑静な住宅街での市民の足トラムに、突然東洋人が乗ってきた時点で「???」な空気が流れていたことでしょうに……スミマセン。
この件に留まらず、この1日、私はドイツの皆様に多大な迷惑をかけながら…ドイツの皆様の親切心に助けられながら、無事観光を終えることとなりました。

とりあえず、無事トラムに乗れたし、座っていればデッサウ中央駅に着くみたいだし、良かった!
トラムも乗りたかったしね☆
なぁ~んて私は運が良いのだろう(^^)
もしかして、日ごろの行いが良いのかなぁ~だとしたら、今ので残高ゼロになっちゃったかなぁ~♪
っと、ヌルいこと考えながら、車窓の風景を楽しんでいました……そのときは。

いろいろ手違いはありましたが、デッサウに到着しました。

b030.jpg

……ダダっ広くて、地図が読みづらい。
ふふっ、こんなこともあろうかと、方位磁針を持っているんだよね☆
地図の北と、方位磁針の北を合わせて、ゆっくり進みます。
そして、念願の本校舎に到着!!

「チケットくださーい!」
「いりませんけど??」
「へ?」

英語でイロイロ説明してくれたけど…たとえ日本語で説明されたとしても分からない状態。
フライヤーを貰って、入館せずに一度ベンチで頭を冷やします。
分かったことは

・本校舎の入館料はいらない(ガイドブックを読み間違えていたようです^^;)
・オーディオガイドは有料
・写真を撮るのも有料
・しばらく歩いたとこにある「社宅(マイスターハウス)」は有料
・南の方にも建築群がある

なにぃ?
確かガイドブックにも「町の南に実験住宅群テルテン・ジードルングがある」っとは書いてあったけれど、肝心の地図やアクセス方法は乗っていなかったので、予定から除外していたのでした。
どうやら、私が間違って途中下車した場所のようです。
善行貯金、残高ゼロ決定!
この先、運に救われることはない……そんな予感のした瞬間でした。

気を取り直して
「さっきはスミマセンでした^^;オーディオガイドと撮影許可、お願いします!」
やっとの思いで、バウハウス本校舎に入館!


バウハウス・テイスト バウハウス・キッチン 伝説のデザイン学校が考えた、キッチンと暮らしの道具バウハウス・テイスト バウハウス・キッチン 伝説のデザイン学校が考えた、キッチンと暮らしの道具
(2010/10/28)
不明

商品詳細を見る



ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ


ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
旅行 | Comments (0) | Trackbacks (-)

中欧の旅~3日目午後

先週末、接骨院に行ってきました。
ワルシャワでの負傷は、亜脱臼でした…。

さて、つづきです。
ライプチヒに到着しました。

空港と市内を繋げる電車に乗りたいわけですが…乗り場の分かりやすいこと!
途中エレベーターで、どう考えてもオッサンの荷物の方が重そうで、どう考えても私の方がボタンのスイッチの近くにいるのに、頑なにレディーファーストな状況にあいます。
よくある話なのですが、毎回「できる方がやる」ではダメなのか?っと思うのです。

何の問題もなくライプチヒ中央駅到着、ホテル到着。
全てがトントン拍子で進みます、快適だー!!

b015.jpg

荷物を置いて、即観光開始。
それにしても、街並みの美しいこと☆
どこかからアコーディオンが聞こえちゃう辺りが素敵^^
浅草で例えるなら、仲見世通りを通過しながらニコライ教会、トーマス教会を拝観。

b016.jpg

b018.jpg

b017.jpg

そしてついに、バッハ博物館へ!
ライプチヒには、この為に来たのです。
ワルシャワでは博物館に行けなかったので、余計に楽しみです♪

チケットを手に入れ、小躍り気分で入り口に向かう途中…
「○△□×。」
「あ、ごめんなさい。ドイツ語分からないんです。」
「何でドイツ語分からないの?どのくらい住んでるの??」
「…2時間前に到着したばかりなんです。」
「……そうなんだ^^;博物館ではなく、遊びに行きませんか?」
「いや…ここに行きたいんですけど。(てか、その為にきたんですけど)」
「何時間くらい?」
「分からないよ………もう、行ってもいいですか?」
兄さん、タイミング悪すぎですよ…でも、きちんと説明したら理解してくれるドイツ人は、礼儀正しく好印象。

っと、あと5歩のところで思わぬ足止めを食らいましたが、無事入館。
監視員のおじさんが私をどうやら子供だと思っているようで、次はこの部屋!ここのボタン押して!のように全部説明してくださいます。
このノリ…熊本城に近いな!

展示物も面白かったし、展示方法も上手だし、大満足!!
バッハのチェンバロ曲が好きなのだけど、オルガン曲も良いですね。

博物館でであった、お気に入りの一曲↓
http://youtu.be/HtDkbtkVFxY

JSバッハの子孫の曲、この人も良い感じ↓
http://youtu.be/atEDSj5Pwpk

バッハの生涯も説明されているのですが、アーティストというよりサラリーマンっという感じの、真面目な働きっぶりが面白いです。
そしてトイレなんですが……便座が高くて、座ると足が届かない。
そんなことは欧州ではよくある話なのですが、ここのトイレはハイテクで、私がなかなか下りられないせいか、オートメーションシステムが作動しちゃったようで、便座が動き始めて焦りました^^;

次はグラッシィ博物館。
3つの博物館に分かれているのですが広いので、古楽器コレクションのある楽器博物館を選択。
ガイドブックには「音楽に興味ある人におすすめ」っと書いてありますが、いやいや美術に興味ある人にも…と思います。
っというのも、キリスト教絵画の天使達が持っている不思議な楽器たちは、コレだったのかぁ!!っとなると思うのです。

b019.jpg

監視員のおばちゃんに教えてもらって、2階では小さなパイプオルガンに触れました。
感無量☆
いつの日か、チェンバロとリュートも触ってみたいなぁ。

展示も良く、体験もできて、とっても楽しかったのですが……それにしてもヘンな形の楽器が沢山ありました。
人間、行くとこまで行くとやりすぎちゃうのは、今も昔も同じのようです。

b020.jpg

b021.jpg
立てちゃいますか!?

駅に戻って、晩御飯。
丁度、数週間前にライプチヒ駅構内の様子は世界の車窓からでやっていたので
「このチーズ屋さん、見た!」
などと思いながらプラプラ。
見つけたトルコ料理店でボールいっぱいのサラダを食べ、それでは足りず、スーパーでサラダを買って宿で食べました。
旅行には必ず箸を持っていくのですが、今回も役立ちました。
スーパーのお惣菜、見るだけじゃなくて食べたいモンね!

食後にホテル併設のバーでグラスビールを1杯飲み(ウエルカムドリンクなんだ♪)…疲れていたようで酔いがまわり、早々に部屋に戻りました^^;
そして翌日の行動の復習……デッサウ観光のあと、ベルリンに向かうからです。
様々なルートを考えましたが、足も怪我しているので当初の予定通り「無駄はあるけど身軽」なライプチヒ→デッサウ→ライプチヒ→ベルリンで決行することにしました。

そしてシャワーを……シャワーヘッドが高くて届かない!
何とか取りましたが、戻せませんでした^^;

b022.jpg


現地での絵日記
bpic03.jpg
大きく表示>>クリック

bpic04_1.jpg
大きく表示>>クリック

bpic05.jpg
大きく表示>>クリック


バッハ:ゴルトベルク変奏曲バッハ:ゴルトベルク変奏曲
(2000/06/21)
レオンハルト(グスタフ)

商品詳細を見る



ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ


ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
旅行 | Comments (0) | Trackbacks (-)

中欧の旅~3日目午前

●3日目の行動
ポーランド→ドイツ→ライプチヒ観光

荷造りも終わり、重いスーツケースを持って階段を下りる。

ボキッ!!

右手にスーツケース。
持ち上げるときは梃子の原理を利用して、左足に体重を乗せるわけですが…耐えられなかったようです。
い、痛い…。
その日1日、左足を引きずることとなりました。

無事チェックアウト。
タクシーを呼んでもらって、そのまま空港へ。
今回は普通の値段で乗せてもらえました。

まずはチェックイン。
ミュンヘンまではポーランドの航空会社LOTで、ミュンヘンからライプチヒまではルフトハンザで。
っというはずなのに、なんか最初からルフトハンザに乗せてもらえるみたい、ラッキー☆

b012.jpg
これがLOT

ここで初めて、愛想が良くてスラッとしてて綺麗な顔立ちで英語の通じる青年をみました。
街中の男性は、無愛想で縦横高さすべてがデカくて申し訳ないけどハンサムとは言えなくて英語が通じない人ばかりで、怖かったんだよね。
ルフトハンザのセルフチェックインの機械の前にいるお兄さん……きっと聖クリストフォルスの化身だわ。

さて……またもや腹ペコ。
そして、そろそろ野菜を食べないと具合が悪くなりそうだ。

空港でチキンサラダを購入。

b011.jpg

良心的で、チキンとサラダの割合が五分五分。
素直にグリーンサラダを買えばよかったTT
他にも食べてみたい物が沢山あったけど、満腹なので断念。

いやぁ~しかし、ポーランドのトマトは美味しいね。
マレーシア並だなぁ。

まずは、ワルシャワからミュンヘンに飛びます。
無駄な動きだけど、諸事情により仕方がないのです。

ミュンヘン行きの機内では、隣のトルコ人のおっちゃんがずっとゲームやっていて
「墜落したら地獄で呪ってやるからな…」
っと心の中で呟いておりましたが、途中でついにCAさんに怒られました。

そのおっちゃんとはイロイロ話をしました。
「トルコ人は、親日的だよ~」から始まったので、私も負けずにイイ戦争ではトルコ航空に日本人が助けられたこと、震災では在日ムスリムが活躍していることなどを話して、なるべく場の空気が和やかになるように勤めます。
すると
「○○人も良いヤツが多い、△△人も良い…結局、みんな良いヤツだが□□人はダメだ!」
お…おい!□□人乗ってるかもしれないんだぞ!!やめてくれ!!!

話を変えよう、うん。
家族の話をしているうちに、おっちゃんの信仰の話になり
「お前はムスリマか?」
「違うよ、でも日本にもイスラム教徒はいるよ。」
「何教徒が多いんだ?仏教か?」
「無心論者が多いとも言えるけど…結局、クリスマスを祝いつつも、仏教徒なのかなぁ。」
「一番、古いのは神道だよな。」
「おっちゃん、詳しいね!」
「結局だ、イスラム教も、キリスト教も、仏教も、神道も、道教も……みんな良い宗教なんだよ。○○教以外はな!」
またかい!○○教徒、地理的に乗ってる可能性高いからやめて!!
おっちゃんの毒舌キャラは好きだけど、空の上の閉ざされた空間では……やめてください。

その後は、おっちゃんによるトルコ自慢。
ほらね、みんなするんだよ郷土自慢をさ。

そんなこんなで、ミュンヘンに無事到着。

ドイツって、マナーにうるさく、ルールにうるさく…っという、堅い印象ありません?
そんなことないです。

程よくフレンドリー。
程よく分煙。

タバコ税には、なんの文句もないのです。
分煙も賛成。
禁煙スペースも賛成。
歩きタバコ反対。
だけど、最近の嫌煙ブームを見ていると、喫煙者に人権はないのかと思うことがたまにあります。
欲を言えば、非喫煙者よりは多くの地方税を払っているので「喫煙者様」みたいな扱いをしてもらえないかと。
喫煙席のソファーはフカフカとか。
1番「えぇー!」っと思ったのは、銀座の某所。
節電中ですのでってことで、換気扇が消されてた……室内灯はついているのに。
両方消すか、もしくは逆では?っと。

さて、ドイツに話を戻します。
ドイツのタバコの規制も年々強くなっているようだし、ドイツ人のキャラ的にタバコは吸えないだろうなと思っていました。

いいえ、ミュンヘンの空港には立派な喫煙所がありました。
ラウンジほどではないけど、待合席よりは立派な……そう、喫煙者様スペースが!
しかも喫煙所の近くには、セルフサービスのコーヒーサーバがあるの。

私の訪れたドイツの街にはアチコチに灰皿が置いてあって、ポイ捨てするまでもない状態が出来上がっています(でも吸殻は落ちてた^^;)。
室内での規制が厳しい分、外はどこでも吸えるようになっているように見えます(実際は知りません)。
とりあえず喫煙可能スペースが広いため、外なのに煙い新宿西口のようなことにはなっていませんでした←あそこは煙すぎる!
のちにベルリンを訪れるのですが、東京で例えるならJR東京駅の主要出口を出た瞬間に、灰皿がデン!デン!デン!と、目の前においてある感じです。
いくらなんでも、ドアの前に置かなくても…?
っと思ったぐらいですが、新幹線での長旅の間と駅構内でタバコを吸わない分、出たら吸わせてあげようよ…という、喫煙者と非喫煙者の、お互いの歩み寄りのようなものを感じてしまいました。
ワタシはワタシ、アナタはアナタ…っと、冷静に住み分けているように思います。
みんなで1つの価値観を強引に共有しようとするから、歪ができるんだよね。

さて、そんな喫煙者に優しい喫煙者様スペースなのですが、低身長には優しくない模様。
そして、プンスカするのは禁止です。

b13.jpg

それともう1つ、キャンピングカーのような仮眠室もみつけました。
入ってみたいけど、乗継まで時間がないので断念。
どんな感じなのだろう??

b014.jpg

ミュンヘン→ライプチヒは、プロペラ機。
大きなドイツ人ビジネスマンには狭そうです。

隣のおじさんは、スイス人。
ミーティングの為の出張だとか。
お互い「なぜ今、この飛行機に乗っているのか」という話になり、ワルシャワでの観光の難易度の高さを話していると
「あぁ…分かる。ワルシャワには行ったことないんだけど、クラクフならある……本当にチンプンカンプンだよね。」
「スイス人にもですか!?」
「次はスイスにしなさいよ。どんな旅行者にも分かりやすく作ってあるから。」
「分かります、分かります。英語なんて少しも話せないときに1度訪れたけれど、ワルシャワのような苦労はありませんでした。」
「でしょ?そのときはどこに行ったの?次に行くなら…」
っと、スイス自慢。

ほらね?
やっぱり、郷土自慢。
相手がどこの誰か分からないからこその「隙あらば少しでも好印象を!作戦」ですよ。
本当かどうかなんて、この際良い。
「別に~オマエに好かれたくないし~ってか、外国人って面倒だしぃ」って内心思っていても良いから、いっぱい自慢話して!
ポーランドもその気になればできると思うんだけどな(その気がない可能性は高い)。
野菜が美味しい、美人が多い、チーズケーキ…とか。

などと考えながら…ようやくライプチヒに到着!!


ドライトマト 200gドライトマト 200g
()
cd

商品詳細を見る


ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ


ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
旅行 | Comments (0) | Trackbacks (-)

中欧の旅~2日目午後

ワルシャワ市内観光のつづき…

スーパーで、お買い物タイムです…買い物で精神的浄化を図ります^^;
意外に広いスーパーで、

1F:食品売り場
2F:生活雑貨
3F:電化製品と裁縫

そんな感じです。
主にインスタント食品と紙ナプキンを購入しました。

b008.jpg

しかしです。
あとから知ったのです……ここがデパートだったということを。
これ以上のモノを、ワルシャワ市内で購入することは難しいということ?
よってワルシャワ土産は、必然的にほぼ、インスタント食品か紙ナプキンになってしまいました。

インスタント食品でカバンが重いので、一度、宿に戻ります。
あぁ…宿は落ち着くなぁ。
お腹が空いたので、さっそく手に入れたインスタント食品を試してみたいところですが…せっかくの旅行中だし、レストランで郷土料理を食べてみることにしましょう。

b009.jpg

ポーランド式水餃子ってところでしょうか。
前日から明らかに野菜が足りていないので、中身は「キャベツ&キノコ」を選択。
キャベツはただのキャベツではなく、ザワークラウトが入っている感じです。
想像と違うけど、疲れた体に酸味がいいね!
いくらでもイケるぜ☆…っと思っていたのは3個目まで。
大きいのです。
皮もしっかり厚いのです。
4コ目ぐらいから、苦しくなってきました^^;

まっ、郷土料理も堪能できたし、(量は多かったけど)美味しかったし、楽しかった♪
では済まない、この店…。

店員さんが、全員すごぉぉぉぉぉぉく綺麗なの!!!
それだけでなく、なんか…萌系の格好をしてる(*o*) ←たぶん民族衣装をアレンジしたもの
アンミラなんて、足元にも及びません。

どう考えても普通のレストランなのに、ソワソワしちゃった^^;
お姉さん達、凄く親切だし。

美人は優しいのかなーー!?

お店のポワワァンな雰囲気とは裏腹、食べ物はヘビーだったので、歩いて腹ごなし。
浅草的な所と中央駅を、行ったり来たり……何か目的はあったのですが、思い出せません^^;

そして宿に戻り仮眠。
夜ご飯?
ギョーザでお腹いっぱいだし、インスタントあるし……っと思ったのですが、想像以上に疲れていたようで深夜まで爆睡。
翌日早朝、宿を出るのに!!?

夜中に慌てて、荷造り開始です。


現地での絵日記
bpic001.jpg
大きく表示>>クリック

bpic002.jpg
大きく表示>>クリック


ポーランドの総括

お気に入りの場所:綺麗なお姉さんが沢山いるレストラン
お気に入りの写真:工事のおじさん
b010.jpg


戦場のピアニスト [DVD]戦場のピアニスト [DVD]
(2003/08/22)
エイドリアン・ブロディ、トーマス・クレッチマン 他

商品詳細を見る


ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ


ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
旅行 | Comments (0) | Trackbacks (-)

中欧の旅~2日目午前

●2日目の行動
ワルシャワ市内観光

日本にいる時点で、生活時間がグチャグチャのボケボケだったので、良い感じに時差ボケ。
早朝に目覚める……お腹減った。

多くの場合、宿の朝ご飯は6時からだけど、この宿では7時半から。
ポーランド人の朝は遅いのかな?←そうかもしれないと思うことがその後おきる。

宿にいた日本人の青年と情報交換、そして朝食。
メニューは、
・パン数種
・パンに塗るモノ数種
・ハム
・チーズ
・シリアル
・ヨーグルト
・飲み物
です。

野菜食べたいなぁ…とは思いましたが、昨日の機内食よりはかなり良い。
特にネギ味の6Pチーズが美味しい!

すると…どこのお国の方々は分かりませんが、プロレスラー級に大きな男性達が4人やってきました。
決して小さくはないテーブルと椅子。
彼らが囲むと小さく見えるなぁ。

この宿のレビューを思い出しました。
「部屋が狭すぎる」
確かに……彼らの体積でドミトリーは、パンパンだろうなぁ。

私はというと、シングルで予約したので、超広かったですよ!
ベッドが3台もあって!!
たぶん…トリプルの部屋を独り占め扱いになっているんでしょうね^^;

そうでないとしても、日本人にとってのポーランドサイズですもの。
洗面所の鏡なんて、上の方についてるから顔が半分しか映らないありさまです。

b02.jpg
窓にカーテンはあるけど、ガラスのドアにはない……意味はあるのだろうか?

さてさて出発。
とりあえず、東京でいうなら浅草のような「ド観光地」に向かいます。
8時半に出たわけですが……あれ、中国人と私しかいないよ?
ようするに、旅行者しかいない。
ちょっと、淋しい。
何もかもが10時にしか開かないようです…下北沢よりは朝早いみたいね。

とはいえ、見たいのは町並みだったのでプラプラします。
世界遺産、旧市街地です!

b003.jpg

そして10時になる頃には、すでに「休憩」を入れたい状態になってしまいました。
日本で例えるなら、ドトールでしょうか。
ワルシャワで何件か見かけたコーヒーショップで休憩。
一番小さいコーヒーを注文して、お腹タプタプ。

b004.jpg
コインが小さいわけではありません。

今ふと思ったのですが、ポーランドの献血って何ccとられるんでしょう?
彼らの体格なら、1000いけそうな気がします。
気になるなぁ。

b006.jpg
ピクトグラムすら長身

その後、教会を3つほど拝観。
3つ目の聖十字教会では、私の好きなタイプのおじいさんに出会います。
ミサの最中にもかかわらず、私に
「ショパン!ショパン!」
と訴えるのです。←奥さんは若干恥ずかしそうにしていた^^;
聖十字教会は、ショパンのゆかりの場所……ってことを言いたかったのだと思います。

そうなんです!
別に旅行者に親切にして欲しいというワケではないのです。
ただ自分の国や土地を誇りに思っていたら、よそ者に自慢して欲しい。
「ほ~ら、俺達の国、凄いだろ!」
っというような郷土愛を。
住んでいる人がこんなに自慢げに語るのだから、良い所なんだろうなぁ…っと、ついつい簡単に騙されちゃう私としては、このおじいさんみたいな人に旅先で会うと、嬉しくなります。

b005.jpg
聖十字教会

その後、まっすぐ歩いていると美大を発見。
ちょっと覗いてみましたが、明らかによそ者だとバレるので(アジア旅行はバレないから便利なんだよなぁ)校舎内には入りませんでした。
せっかくなので、購買部で買い物をしよう!
小さな色鉛筆が欲しいんだけど……

b007.jpg

ジャンボって書いてあるよぉ(T_T)

気を取り直して……民族博物館へGO!
ワルシャワ市内で唯一行きたい博物館、しかもかなり楽しみ♪

しかしです。
到着したら、開いてない。
おかしいなぁ…月曜休みなのに。
「休みなのは今日だけですか?」
「いいえ、ここのところずっとです。」
ガーン!

気を取り直して……郵便局へGO!
しかし、入り口のある大きな道路が工事中で立ち入り禁止。

あぁ…もう!!!
午前中で(ある意味)ミッション・コンプリートなんですけど?

そんな神経質になっているときに、インド系の青年に
「キミ、昨日も見たよ。遊びに行こうよ♪」
っと声をかけられ、さらに私の機嫌は悪化。

昨日?ああ、警官に捕まっているときかね??
っと言いたいところだけれど、怒らせては事が面倒なので低調にお断りし、目の前のうらびれたスーパーに入店。

うん、スーパーはどこの国にいても楽しいですね。
少し、ここでお土産買いましょう!
ちゃんとしたお土産は、またデパートとかで買えば良いモンね。

…つづく

フジ子・ヘミングの奇蹟~リスト&ショパン名演集~フジ子・ヘミングの奇蹟~リスト&ショパン名演集~
(2003/02/05)
フジ子・ヘミング

商品詳細を見る


ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ


ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
旅行 | Comments (0) | Trackbacks (-)

中欧の旅~1日目

3月下旬、旅行に行ってきました。
ポーランド&ドイツという、久々のヨーロッパです。

●初日の行動
成田→ヘルシンキ(フィンランド)で乗り継ぎ→ワルシャワ(ポーランド)

ポーランドはまだユーロを導入していないので、成田でいくら換えるか悩むところでした。
しかしそんなことよりも、とにかく腹ペコで、機内食で頭がいっぱいでした。

「チキン、または野菜、どちらに致しましょう?」
っという声が近づいてきた!!←行きのスカイライナーでも空港でも食べてるのですけどね^^;
CAさんが私の横に来る頃には
「野菜のみになってしまったのですが、よろしいですか?」
っと。
こういうとき「嫌です!」って言ったら、どうなるのでしょうね?
でも野菜は好きなので、もちろんOK。

b001.jpg

あれ?
「チキンまたは炭水化物」の、聞き間違えかな??
蕎麦に焼きそばって、チャレンジャーですね。
パンにクラッカーも、成分ほぼ一緒のような…。
ちなみに、次の機内食はチャーハンでした。

食後は爆睡。
機内で寝不足をほぼ解消したので、映画鑑賞タイム。
劇場版サラリーマンNEOにしました。
NHKって……頑張っていますよね!!

そんなこんなで、ヘルシンキで一休み。
フィンランド人は、とてもとても大きかったです。

そしてポーランドの首都、ワルシャワに到着します。
到着した瞬間から、なぜか……何が何だかよく分からない。
バスで市内に出られるはずなのに、バスの乗り場も切符の買い方も分からない。
正直なところ、どこの国へ行ってもこんなに「???」なことになったことはありません。
おかしいなぁ…。

インフォメーションカウンターで
「すみません、バスの切符を買いたいのですが…」
「ここ、インフォメーションよ。切符なんて売ってないわよ。」
ひぇ~、この姉ちゃん、コワッ!!!

それでも市内には何とか出たのですが、そこから先も、良く分からない。
聞いても、邪険に扱われます。
確かにポーランド語を話さない私が悪いとは思います。
「あぁ・・・インドや韓国だったら、ありえないこの状況。」

フラフラしているうちに、警官に捕まって罰金を払わせられたり(バスの乗り方が悪かったらしい)。
白タクだって分かっていながらも、英語が通じるからという理由で乗ったり。
さすがに、ちょっと怖かったです……ちゃんとホテルに連れて行ってくれるか心配で。
「コペルニクスはドイツ人じゃなくて、ポーランド人って知ってるかい?」
「もちろん!他にも知ってるよ。」
「ショパンだろ?」
「もっと知ってるよ。カトリクの前教皇のパウロさん、ポーランド人だよね?」
というような感じで、友好的な態度を猛アピール。
いろいろありましたが、ホテルには到着しました。

つ、ついたよ(T_T)
ホテルのお姉さん、超きれい!超フレンドリー!!英語通じるー!!!

このホテルを出なければ、私は安全かつ心安らかに過ごせそうだ……そんな予感は的中。
翌日も、ワルシャワ市内で「なんだかなぁ…」な体験をすることになりました。

この夜は心身ともに疲れきっていたので、なんとなく成田で買ったキットカット抹茶味を食べて就寝。


ポーランド ショパンウエハースポーランド ショパンウエハース
()
世界のおみやげ屋さん

商品詳細を見る



ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ


ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
旅行 | Comments (0) | Trackbacks (-)
プロフィール



グレイス

Grace
いろいろな素材で、
様々なモノを作っています。

個人ウェブサイト
camarade d' art

QRコード
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

Translation
ブログランキング
ランキングに参加しています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。