アトリエ・グレイス

日々の生活をアートで楽しむブログ。
TOPスポンサー広告 ≫ 東海道の旅TOP鑑賞 ≫ 東海道の旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

東海道の旅

数週間前の話になりますが「東海道五十三次」の浮世絵を一度に見ることができる!…ってことで、山種美術館に行ってきました。

浮世絵って思ったより小さいのです。
繊細な表現を木版画で作っていたのだから、もっと大きいと思っていました!
どうやって、こんなに細い線を彫っていたのだろう……見れば見るほど、不思議に思えてきます。

題名の通り、東海道の宿場を描いた作品群なのだけど、確かに写真のなかった時代、旅の記念やお土産に1枚買いたくなるなぁ~と思いました。
現在では写真のポストカードが主流だけど、有名な観光地の木版画が現代に復活したら面白いかも^^

写真はレンズの向こう側を、そのまま写し取る。
絵は作者のアレンジが加わるから、本物とは言いがたい。
ましてや版画となると、絵画のような緻密な表現はできない。
だけど「詳細を省いた上での本物らしさ」といえば良いのか、「ニセモノが故の本物らしさ」と言えば良いのか……広重の浮世絵には、リアルを越えたリアリティがありました。

絵を描く理由って?

という疑問を投げかけられたような気がして、ちょっと絵を描くのが怖くなりました。


東海道五十三次が超おもしろくなる本 (扶桑社文庫)東海道五十三次が超おもしろくなる本 (扶桑社文庫)
(2009/08/27)
東海道の旅を楽しむ会

商品詳細を見る



ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします(^^)
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


クリックで救える命がある。
スポンサーサイト



ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
鑑賞 | Comments (0) | Trackbacks (-)

Comment













非公開コメントにする
プロフィール



グレイス

Grace
いろいろな素材で、
様々なモノを作っています。

個人ウェブサイト
camarade d' art

QRコード
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

Translation
ブログランキング
ランキングに参加しています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。