アトリエ・グレイス

日々の生活をアートで楽しむブログ。
TOPスポンサー広告 ≫ ハゲタカTOP鑑賞 ≫ ハゲタカ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

ハゲタカ

NHK総合は、まずドキュメンタリーが多い。
ドキュメンタリー好きにとっては、ありがたいチャンネル(TBSのCBSドキュメントも好きだったんだけど終わっちゃったよTT)。

そしてニュースは、事実だけを伝える淡白さが好み。
筑紫さんがまだご健在だった頃のニュース23の多事総論、鳥越のスクープも好きだったけど、今では見られない。
だったらNHKでいい。
※スクープは、今でもたまにやってます。

そして、お笑い。
民放の「明らかなエンタメ」というより、どこか微妙な空気を漂わせる感じが好き。
ケータイ大喜利とか、吉本の芸人を使いつつもあの地味な感じ。
NHK以外では、テレ東かMXぐらいですよ。

そんな感じで、TVをつけると自動的にNHKになっていて、作業をしながら、ただ何となくNHKを見ている夜は少なくない。

今月のある夜、TVをつけっぱなしにしていたら「ハゲタカ」の再放送が始まりました。
「ん?土曜ドラマ??」
そう、TVを語る上で忘れてはいけないジャンル「ドラマ」。

NHKのドラマといえば「大河ドラマ」でしょうか。
9時のドラマといえば「フジの月曜」でしょうか。

否!
土曜9時のNHK総合です☆
1人暮らしをはじめたとき、たまたまこの枠の「再生の町」を見て以来、すっかりこの時間は「ドラマ」な時間。
そう、まだ数作しか見ていません^^;
だけど「面白かったなぁ~」と思える作品の比率が高い。

「再生の町」も面白かったけど、「チェイス」も面白かった。
この前までやっていた「鉄の骨」は、ゼネコンの談合についての話だった。
ただただ「談合」を「悪」とするだけでなく、いろいろな角度から談合を描いていて、面白かった!
そして「外事警察」は未だにたまに見てる。
たまたま全話録画していて…ラッキーでした^^

そう「土曜ドラマ」の「ハゲタカ」ということで、見てみることに。

うきゃぁ~!面白い!!
企業買収、不良債権、株……自分でも情けないぐらい「不勉強」なジャンルだけど、引き込まれる。
そして鷲津(登場人物)が、無茶苦茶カッコイイ。
マホーン(プリズンブレイク)以来のときめきキャラでした^^;
だんだんストーリーよりも、鷲津を追いかけている自分に気付き……残念な気分(笑)

どうやら話題になった作品らしいですね。
何で知らなかったのだろう…と調べてみたら、日本にいない時期だった。
うわ~リアルタイムで見たかった。

あまりに「ハゲタカ」が面白かった……あまりに鷲津が好みだったから、ついつい原作本に手を出してしまったのですが、原作は原作で面白い(まだ1巻までしか読んでないけど^^;)。
そしてドラマがどれだけ上手くまとめ、物語を変更させたかも分かる。
原作の美味しいところをきちんと吸い上げつつ、そしてあらためて「映像」という分野で花開かせたなぁ~と。
映像化というより、リメイク。
「リメイクって、こうやるのよ!」
と、ディパーテッドの監督に言いたいわ…。

そして鷲津を演じた俳優さん「大森南朋」という人についても、少し調べてみた。
うそー!
あのビールのCMの気弱そうな人ですか!?
鷲津のオーラは皆無。
そして何より、父親があの「麿赤兒」ってことに衝撃を受けた。

麿さんは1度、大学の心理学の講義の「特別ゲスト」としていらっしゃったときに拝見しました。
講義の内容は、少しも覚えてないです^^;
だってさ、始まるや否や……

突然、講義室に怪しげな音楽が大音量で流れた。
白塗りで褌(ふんどし)だけを身に纏った青年(たぶん)はお椀を履いていて(意味分からないかもしれませんが本当です)、教壇に上に立ったと思えばニヤニヤと笑い、たまにピクッと動く。

……そんなパフォーマンスが続いていたら、突然音楽はプツリと途切れ、しばらくすると麿さんがやってきて
「もういい。……ブレイカー落ちちゃったみたいだね。」

なんなんだー!!

その後、麿さんの話があったワケですが、こんな感じだったので……始まり方が印象深すぎて、その後を思い出せん!

とにかく「鷲津→大森南朋←麿赤兒」この図式が、どうしても理解しがたい。
私の頭をグルグルさせます。

さて、俳優:大森南朋さんについてですが、私はまだ「鷲津」以外、見たことがない。
みたことあっても、ビールの宣伝にまったく気付かなかったから……気付いてないだけかも^^;
ただCMでのような「さらっと、通り過ぎてしまう演技」をする俳優さんは好きなので、これから気をつけてみてみたいと思いました。
キャラとしては鷲津のような「濃い」キャラが好きだけど、演技を見るなら「どれだけ薄いか」が、私の勝手な注目ポイントです^^

ちなみに、ハゲタカに出演している嶋田久作さん。
帝都大戦のこわーいイメージがどうしても忘れられませんが(ジュニアドラマの『クラインの壷』も無茶苦茶怖かった)、なみすけがお好きなそうです。
http://www.suginamigaku.org/content_disp.php?c=4aa499c2668a9&n=3

……何を書いているのか自分でも分からなくなってきた。
とりあえず、どっぷり「ハゲタカ」な夏を楽しんでいます^^


左上が鷲津さん♪
ハゲタカ DVD-BOXハゲタカ DVD-BOX
(2007/07/18)
大森南朋柴田恭兵

商品詳細を見る



ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ

クリック募金
スポンサーサイト



ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
鑑賞 | Comments (2) | Trackbacks (-)

Comment

Re: タイトルなし
編集
はじめまして^^
鷲津、超カッコイイです!
小説も面白いので、読み終わったら「虚像の砦」も読んでみようかなぁ~と思ってます。
2010年08月23日(Mon) 01:19
編集
初めまして。

自分も鷲津ファンです。(笑)
『ハゲタカ』はたしかに勉強に
なりますよね。

ちなみに小説は更に過激ですよ!

2010年08月21日(Sat) 18:59












非公開コメントにする
プロフィール



グレイス

Grace
いろいろな素材で、
様々なモノを作っています。

個人ウェブサイト
camarade d' art

QRコード
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

Translation
ブログランキング
ランキングに参加しています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。