アトリエ・グレイス

日々の生活をアートで楽しむブログ。
TOPスポンサー広告 ≫ 東京都の新しい条例TOPアート&クラフト ≫ 東京都の新しい条例

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

東京都の新しい条例

連日、ニュースで話題になっている東京都青少年健全育成条例改正案。
法で表現が制限されること、残念極まりない。
出版業界が反発するのも分かる。
しかし、こうなってしまうまで、その「出版業界」は何をしてきたのか。

今回、問題となっている類の書籍が、本当に「表現活動」だったのか。
拝金主義ではなかった、と言い切れるのか。

作家は、それが本当に世に訴えたい「メッセージ」だったのか。
表現せずにはいられないほどの「感情」は、あったのか。

自由を手に入れる代わり、責任を負わなければならない。
権利とは、そういうもの。
表現の自由を声高に訴える以前に、表現に対する責任について自問したことはあったのか。
問題になる前に、出版社が自ら「ビニールなどで包装、成人コーナーで18歳以上に販売」という配慮をしても良かったともいえる。
だからといって、法での縛りはやはりいただけない。

都の決定には、憤りを感じる。
そして、そうさせた出版社には、これを機に反省と検証をしてもらいたい。
それともう1つ。
過去の話とはいえ、一応、表現者だった都知事も発言に気を配るように。
年齢と共に前頭葉の機能が低下しているのかもしれないけれど、一応「公人」なのだから。
できないのなら、引退してもらってまったく構わん。


ふしぎなメルモ (秋田文庫)ふしぎなメルモ (秋田文庫)
(2004/07)
手塚 治虫

商品詳細を見る



ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ


クリックで救える命がある。
スポンサーサイト



ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール



グレイス

Grace
いろいろな素材で、
様々なモノを作っています。

個人ウェブサイト
camarade d' art

QRコード
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

Translation
ブログランキング
ランキングに参加しています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。