アトリエ・グレイス

日々の生活をアートで楽しむブログ。
TOPスポンサー広告 ≫ プラナカンとデコ電TOPアート&クラフト ≫ プラナカンとデコ電

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

プラナカンとデコ電

先週土曜日、NHKの「世界遺産への招待状」をご覧になりましたか?
マラッカ~プラナカン特集でした!
http://www.nhk.or.jp/sekaiisan/invitation/archives/archive110219.html
プラナカン。
15世紀ごろ、中国やインド、その他の国の人達が海峡を越えてシンガポール、ペナン、マレーシア近辺に移り住み、現地で暮すようになりました。
その過程で「マレー&中国&インド&その他モロモロ」の文化が混ざり合い、独特の食文化、手工芸などが発展していきました。

マレー?中国?インド?
みんなアジア圏だから簡単じゃん…っと思うかもしれないけど、否!
イスラム教、道教、仏教、ヒンズー教、キリスト教と宗教はバラバラだし、マレー語、福建語、潮州語(中国の方言)、タミル語etc...話す言葉どころか使う文字もバラバラ。

下手をすると「一触即発」になりかねない状況の中、彼らは融合して新しい文化を確立したわけですが、それがまた……美しいのです。

IMG_2182_20110224234218.jpg
プラナカンの食器

他にもビーズ刺繍、ブローチetc…、繊細で煌びやかな工芸品がたくさんあります。

そんなプラナカンが大好きなわけですが(詳しくないけど^^;)、私にとってデコを始めるきっかけでもありました。
プラナカンへのオマージュ(?)のような作品を作らなければならないとき
「何百年も前に多くの文化が出会ってできてプラナカンに、現代の日本人のアナタには何ができる?」
っと言われ、考えた末が「プラナカン風のデコ電」でした。

人と文化が、海峡と時空を越えて…そんな思いを抱きながら制作しました……が、当時は技術どころか知識もなく、またまた情報も材料も無い状態での制作だったので、出来は悲しいモノです^^;
その後、作り直したバージョンをお届けします^^;

Image1001_20110224235124.jpg
Communicate across the straits - Peranakan Mobile Phone

プラナカンのデコ電シリーズは、私にとって思い入れのあるものなので、今後も機会があればチョクチョク増やして行きたいと思っています^^


マレー半島―美しきプラナカンの世界 (私のとっておき)マレー半島―美しきプラナカンの世界 (私のとっておき)
(2007/07)
イワサキ チエ、丹保 美紀 他

商品詳細を見る



ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします(^^)
にほんブログ村 ハンドメイドブログ デコ小物へ
にほんブログ村

クリックで救える命がある。
スポンサーサイト



ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ

Comment













非公開コメントにする
プロフィール



グレイス

Grace
いろいろな素材で、
様々なモノを作っています。

個人ウェブサイト
camarade d' art

QRコード
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

Translation
ブログランキング
ランキングに参加しています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。