アトリエ・グレイス

日々の生活をアートで楽しむブログ。
TOPスポンサー広告 ≫ グミ・チョコレート・パインTOP鑑賞 ≫ グミ・チョコレート・パイン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

グミ・チョコレート・パイン

ミュージシャンな大槻ケンヂについては良く知らないけど、作家としての大槻ケンヂは結構好き。
特にエッセイ。
って、大槻ケンジに限らず、普段から新書かエッセイしか読まないのだけど^^;

大槻ケンヂの作品で唯一読んだ小説が「グミ・チョコレート・パイン」。
確か、これを読んだのは予備校生の頃だったと思う。
登場人物の高校生たちと年齢が近く、彼らの憤りに共感できたりできなかったり。
どちらかというと、高校生活より中学生活を思い出したなぁ。
ともかく、自分と重ね合わせて楽しんだことを覚えている。

つい先日、読む本がなくなったので再び読んで見ることにした。
年をとるとダメですね……新しい本を買いに行くより、家の中で済ませようとしてしまう^^;

久々に読んだ、同じ本。
凄く見え方が変わって……私も大人になったんだなぁ!!!って思った。
自分の視点が高校生の主人公たちでなく、彼らを見守るジーサンや筆者側になっているよぉ。

周囲に対する、敗北感と理由のない優越感との板ばさみ。
そういった葛藤を抱えながら、一歩踏み出そうとする高校男子たち。

まぁ、なんて可愛いんでしょ♪(って言われたくないんだろうけどね)

そんな彼らを救ってあげたいとか、支えてあげたい、などとは思わない。
言葉にするのは難しいけれど……「煽りたい」が近いかなぁ。

似たようなテーマで書かれている本がある。
「他人を見下す若者たち」(新書だから雰囲気はかなり違うけど^^;)という本で、彼らのような若者たちの精神構造について研究してある。
これはこれで面白いのだけど、グミ・チョコを読んでしまうと
「いいじゃない、そういうのも♪」
っという気分になってしまう。

ただ問題は、永遠にそれは困る。
中高生ぐらいだと、そういう時期があっても良い…いや、あるべきだ!
なぁ~んて思えるけど、いつまでも劣等感や根拠のない優越感をぶつけられてもねぇ……私もまだ人間ができていないので、へし折ってみたい気分になっちゃったりね^^;

やっぱり、その「裏づけのない自信」を「真の自信」にするための冒険(?)っていうのが、必要なんだろうなぁ。
その冒険に挑む勇気、その冒険を続ける努力、そして支えあう友情。
その結果得ることのできる自信という勝利……少年ジャンプじゃん^^;(ジャンプが少年の心をつかんで話さない理由が良く分かるよ)

ようするに、少年漫画でよく学び、それを実行しなさい。ってことなんだろうな。
がんばれ!高校男子!!


グミ・チョコレート・パイン グミ編 (角川文庫)グミ・チョコレート・パイン グミ編 (角川文庫)
(1999/07)
大槻 ケンヂ

商品詳細を見る



ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト



ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
鑑賞 | Comments (0) | Trackbacks (-)

Comment













非公開コメントにする
プロフィール



グレイス

Grace
いろいろな素材で、
様々なモノを作っています。

個人ウェブサイト
camarade d' art

QRコード
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

Translation
ブログランキング
ランキングに参加しています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。