アトリエ・グレイス

日々の生活をアートで楽しむブログ。
TOPスポンサー広告 ≫ 府中観光TOP鑑賞 ≫ 府中観光

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

府中観光

気温も下がり、少しずつではありますが来年のことを考え始めています。
昨年末は多忙の中、立て続けに風邪を引き、仕舞いには元旦に食中毒で寝込むというハットトリックを達成したので、今年は早めに動いて、余裕ある年末を過ごす予定です^^;

来年の干支は「馬」。
馬って…難しいんですよね^^;
しっかり見たことも無いし、とりあえず馬を見に行こう!

動物園?…牧場??……競馬場があるじゃないか!!
入場料200円ぽっきりの馬パーク☆

そんなとき、別件で友人が府中美術館でのモリス展を見たいと。
っというワケで、府中観光に行くことに。

24日はジャパンカップ(G1レース)で混むと予想し、16日に行くことに。
当日は、厳しい寒さを越えた晴天の行楽日和。
電車内の皆さんは高尾山へ向かう装いの中、我々は東京競馬場へ。
競馬場も空が高く爽快で、紅葉も美しい♪
大人になると陽の光を浴びることは少なくなるし、紫外線も気になるけれど、たまには陽の光を思いっきり浴びるのも気持ちが良いですね!

競馬場に到着し、まずは馬のふれあいコーナーへ。
乗馬体験の整理券を貰う!!

慌てて行った割には、意外とすんなり整理券もらえて、そのまま騎乗。

01_20131120194118760.jpg

最近、銀の匙を読んだせいか……馬がカワイイカワイイ!
しかし馬より、馬を可愛がってる人たちがもっとカワイイ!!
乗馬体験の係員さんたちから放たれる「良い人オーラ」は、マイナスイオン並みの癒し効果がありました。

ここでちょっと残念なことが。
係員ともめている女性が…。

女性の言い分は
・子供が白い馬に乗りたがっているのに、順番で茶色い馬になった
・だから私(その女性)の整理券を子供に譲渡して、子供を再度騎乗させる

係員の言い分は
・騎乗は1日1人1回というのが決まり

子供が小さいと、そういう大人ルール(?)が理解できなかったりして、お母さんも困っているのだろうなぁ…っと思って振り返ったら、その子……意外と大きいぞ(たぶん小学校高学年以上)。
その子供がこのやり取りを、どんな風に見ていたのか若干心配になりつつ、その場を離れました。

そして思ったのは…確かに馬には乗れる。
だけど遊園地のゴーカートみたいに「赤が良い!青がいい!」って、なんか違うよなぁ。
しかも馬を愛している人間に向かって「白が良い!茶色は嫌!」って…。
ルール云々以前の問題として、傷ついてないかなぁ…心配。

気を取り直して、馬を撫でるコーナー。

03_20131120194119f6f.jpg

印象深かったのは、大きくて、透きとおった瞳。
大人しく、じっとしているこの馬も以前はレースで走っていたそうです。

その後はブランチ。
競馬場内には、食べるところが沢山あります。

競馬場でのミッション完了。
せっかくなので少しギャンブルにも参加。

04_201311201941214cf.jpg

芝での走りは、やっぱり見ていてキレイ。
ダートでの砂煙もステキですけどねー^^

競馬新聞を買っては見たものの、数字とカタカナばかりで良く分からん。
以前「とりあえず複勝で」と習っていたので、その通りに。
6レースは、ドラゴン賭け。
ドラゴンと名のついた2頭の馬に賭けたら、1匹レース中に怪我。
痛そうで痛そうで…(>_<)

7レースは、ゲーム賭け。

516708_2020992698_228large.jpg

名前がゲームっぽい2頭に賭けてみたら、クロスボウが一着ゴールイン!
100円が、220円になりました^^
300円負けているんですけどね^^;


その後、東府中に戻って循環バスに乗って、府中美術館に。
本来の目的のウィリアム・モリス展に。

正直なところ、モリスの図案はそこまでこのみではありません。
しかし彼の思想は、とても好きです。

過剰に豪華な装飾品。
それらのまがい物のキッチュな品々。
大量生産の粗悪品。

そういったものが溢れる産業革命の頃。
美しい生活を!
っと、普通の生活の中の美を追及した人です。

時代が時代だったので、結局のところモリス品々は「手間のかかる=高価」となってしまい、一般民衆には絵の届かないお値段になってしまいましたが……今で言うところの無印良品のようなものだと思います。

無茶苦茶安いわけではないけど、無意味に高いわけではない。
ポリシーのあるデザイン。

今回の展示のフライヤーに書かれていた言葉
「役に立たないもの、美しいと思わないものを、家においてはならない。」
ひえぇ~っっ!カッコイイ!!

モリス思想の部屋を目指して、もっと頑張ろ!



ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
鑑賞 | Comments (0) | Trackbacks (-)

Comment













非公開コメントにする
プロフィール



グレイス

Grace
いろいろな素材で、
様々なモノを作っています。

個人ウェブサイト
camarade d' art

QRコード
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

Translation
ブログランキング
ランキングに参加しています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。